FXウィナーズシミュレーション

 FXをされている方ならウィナーズ法と呼ばれる投資法についてご存じの方は多いと思いますが、実際に使用された方は余りいらっしゃらない事と思います。

 ここでは、ウィナーズ法を使った投資をFXで行った場合に「一体いくら儲かるのか?」を実際にシミュレーションできるツールを紹介しています。また、ウィナーズ法による投資法については「誰でも分かるウィナーズ投資法」を参考にしてください。

FXウィナーズシミュレーションイメージ

 「FXウィナーズシミュレーション」は、以下のような構成で紹介しています。ウィナーズ法のシミュレーションツールについては「FXウィナーズシミュレータ」で使用できます。

FXウィナーズシミュレータ

 ウィナーズ法のシミュレータです。このFXウィナーズシミュレータ詳しい使い方や設定方法については「FXウィナーズシミュレータの使い方・結果の見方」を参考にしてください。

FXウィナーズシミュレータ

設定回数:
初期取引: Lot(1000通貨単位)
損益比率:リミットpips:ストップpips
取引勝率:
設定証拠金: 円(1000通貨)

直近5回の結果:

施行回数:

勝ち回数:
負け回数:

勝ち取引割合:
負け取引割合:

勝ち最大連続回数:
負け最大連続回数:

現在の数値   :
現在の連敗   :
取引Lot数     : Lot
取引証拠金   : 円
累積Lot数     : Lot
セット損益     : 円

セット合計     : 回
最大取引Lot  : Lot
最大累積Lot  : Lot
必要証拠金   : 円
最大負債金額: 円
合計損益      : 円

 トレードの勝敗について白と黒で表現していますが、投資的中は白(○)、投資失敗は黒(●)に設定してあります。

FXウィナーズシミュレータの使い方・結果の見方

 FXウィナーズシミュレータの設定やテスト結果の見方、シミュレーションシステムの概要について解説しています。

FXウィナーズシミュレータの設定値

設定回数 ⇒ 模擬取引の回数を設定します
初期取引 ⇒ 最初の取引Lot数を1000通貨単位にて設定します(Lot[1000通貨単位])
損益比率 ⇒ 取引手法のリミット・ストップ値を設定します(pips)
取引勝率 ⇒ 手法の勝率を設定します(%)
設定証拠金 ⇒ 取引通貨ペアの1000通貨単位の証拠金を設定します(円[1000通貨])

FXウィナーズシミュレータのテスト結果

直近5回の結果 ⇒ テストの直近5回での勝敗を示します。それぞれ白は勝ち、黒は負け取引を示しており、左から順に最新の取引テスト結果となっています

施行回数 ⇒ 現在のテストが何回目の取引を想定して行っているのかを表示しており、設定回数を上限として停止します

勝ち回数 ⇒ 勝ち取引の回数
負け回数 ⇒ 負け取引の回数

勝ち取引割合 ⇒ 勝ち取引が全体に占める割合
負け取引割合 ⇒ 負け取引が全体に占める割合

勝ち最大連続回数 ⇒ 最大の取引連勝数
負け最大連続回数 ⇒ 最大の取引連敗数

現在の数値 ⇒ 現在の数列を表示します
現在の連敗 ⇒ 現在テスト中の連敗数
取引Lot数 ⇒ 現在テスト中の取引Lot
取引証拠金 ⇒ 現在の取引の必要証拠金
累積Lot数 ⇒ 現在の取引に至るまでの1セットでの累積Lot
セット損益 ⇒ 1セット中の損益

セット合計 ⇒ 現在のセット数の合計
最大取引Lot ⇒ 最大の取引となったLot数
最大累積Lot ⇒ 1セットでマイナスが最大となった累積Lot数
必要証拠金 ⇒ 取引に必要な最低証拠金額
最大負債金額 ⇒ 最大のマイナス額
合計損益 ⇒ 取引全体の損益

FXウィナーズシミュレータの概要

 FXウィナーズシミュレータは、入力した勝率に基づきながらもコンピュータ上で生成したランダムな勝敗によってテストした結果を示しています。それはつまり、勝率設定が100%もしくは0%で無い限りは、どんなに勝率が良い手法でも連勝または連敗する可能性が有る事を示唆します。

 もちろん模擬取引の勝敗については勝率に基づきながら全てランダムによるものとなっているため、1回目のテスト結果と2回目のテスト結果が異なった結果になる事が想定されます。

 そのため、テストを行う際に「設定回数」を多めに設定する事によって、実力以上の良い成績や実力以下の悪い成績を平均化させる事を推奨します。

 ウィナーズ投による投資は増額投資法となるため、特にリスクに対するテストを行う必要が有りますが、その際には「設定回数」に値を多く入力して最悪の条件となった取引を炙り出しておいた方が結果に対する信頼度が増す事が考えられます(最悪の結果を導き出しておく)。

 また、テストの中断はブラウザの更新で可能となっていますが途中再開はできません。設定値の入力については半角英数字にて行ってください。

ウィナーズ法をシミュレーションした結果

 今回、ウィナーズ法シミュレータを使って、10万回の取引テストを行ってみました。テスト設定については以下の通りです。

FXウィナーズシミュレータ設定画面

 テスト設定は1000通貨を初期取引額と設定して、その証拠金については3200円、つまりドル円を1000通貨にて運用をスタートした際を想定してテストを行ってみました。

 勝率については60%を設定して50%よりも少し高めの値を選択し、リミットとストップに関しては一般的な短期売買を損小利大で運用した場合を想定して、それぞれ20pipsと10pipsを選択してみました。以下がそのシミュレーション結果です。

FXウィナーズシミュレータ結果表示画面

 テストの結果、1000通貨でのスタートでしたが1200万円オーバーの利益が出ると言う結果が得られました。しかし、中身を見てみると最大取引Lotが4096と、最大で409万通貨での取引が必要となってしまっています。

 これは、この設定の手法でウィナーズ法を使うとするならば、運用資金が2000万円以上での1000通貨運用でスタートさせる必要がある事を意味しています。

 この結果はウィナーズ法の1セットを利益が出た時点では終了せずに、ルール通りに全ての数列を消化した際に1セット終了を判断した場合のテスト結果となりますが、マーチンゲール法のシミュレートと比べるとリスクは小さいように思いますが、それでも非常にリスクが高い投資理論のような結果が得られました。

 ちなみに下が勝率を60%から50%へと落とした結果です。

勝率を50%と落としたウィナーズ法の悲惨な結果

 余りにウィナーズ法の悲惨なシミュレーション結果に、シミュレーション途中であるにも関わらず数値が天文学的になってしまい、正しくテストができなくなってしまいました。

 今回の実験結果は、残念ですが勝率50%のウィナーズ法を使うトレードは「余りにも危険すぎる」と言う事を示していました。

FXウィナーズシミュレーションのまとめ

 これまでの「FXウィナーズシミュレーション」のまとめです。

  • ウィナーズ法を使うのであれば利益が出た時点でリセットを行うべき
  • ウィナーズ法の最大の弱点は1セットの長さ
  • ウィナーズ法はリスク範囲が広い
  • テスト結果はそのままでの安定運用は難しい

関連記事