キャリートレード【Carry Trade】

 ここでは、FX用語として良く使われる「キャリートレード」の意味について、またキャリートレードによるFX相場への影響や相場動向について解説・説明をしています。

キャリートレードを行ってお金を借りて資産運用をしている

キャリートレードとは?

 キャリートレードとは、金利の低い国の通貨を借りて他の金融資産を購入し、その後、購入した金融資産を一定期間保持した後に売却し、その購入時の相場価格と売却時の相場価格の差額から利益を出すことを目的としたトレードです。

 このキャリートレードは、主にヘッジファンドと呼ばれる金融資産の売買にて企業利益を出す事を目標とした会社が得意としている売買手法になります。(ヘッジファンドについては「FX相場に大きな影響を与えるヘッジファンド(HF)」を参考にしてください)

 FXの場合には、金利の安い通貨を借りてきて株式やその他金融資産を購入するのではなく、金利の高い通貨を購入する事により、通貨間の金利差益からのスワップポイントを狙ったトレードが見られる事も有ります。

 また、このキャリートレードが行われるに当たり、投資家は2~3年の資産運用に対しても2~3ヶ月ごとに借り換える事が多く、借りる通貨について「豊富な流動性と低金利状態が今後も続く」と考えられる事が重要となります。

 つまり、「キャリートレードが行われている」と言う市場ニュースが流れた場合には、「借りる対象となっている通貨の金利が近い将来に上がる事は無い」と市場参加者が考えている事を示している事になるため、相場の判断材料としても使う事ができます。

円キャリー・ドルキャリートレードが行われる訳

 キャリートレードの中でも、借りる通貨が日本の通貨である「円」の場合、そのキャリートレードは「円キャリートレード」と呼ばれ、借りる通貨がアメリカの「ドル」の場合には「ドルキャリートレード」と呼ばれています。

 先に紹介したようにキャリートレードを行うための条件として、借りる対象となる通貨が「豊富な流動性と低金利状態が今後も続く」事が大切なため、経済大国であるアメリカと日本の通貨である「ドルと円」について、その通貨の安定性と流動性の面からキャリートレードを行う通貨として最適だと考えられています。

 キャリートレードは低金利通貨を借りて、その通貨を使い金融資産を購入するため、いつかは購入した金融資産を売却して借りた通貨を返済する必要があります。しかし、例えば将来的に安い金利が続くと考えられる通貨が有ったとしても、その通貨には安定性が無く、キャリートレードを行っている最中に、流動性が極端に悪くなり、金融資産の売却を行っても借りた通貨を調達する事が難しくなってしまった場合、借りた通貨を借主へと返済する事がなくなってしまいます。

 そのため、投資家は円やドルと言った安定した流動性を持っている通貨を借りてキャリートレードを行う、円キャリーやドルキャリーが好まれて行われています。

キャリートレードによるFX相場への影響

 「キャリートレードが為替相場に与えている影響はまだ確認されていない」とするアナリストも居ますが、実際にキャリートレードはFX相場に大きな影響を与えています。

 為替相場でのキャリートレードは、ある低金利通貨を借りてきて高金利通貨を購入してスワップポイントによる利ザヤを狙う事になります。そのため、世界経済が不安定な状態になり高金利通貨が売られるような事になると、キャリートレードを行っていた投資家は一斉に高金利通貨を売り借りた通貨へと交換します。

 そのため、売りが売りを呼ぶ相場展開が散見され、以下のようなチャートを形成する事が多く見られます。

(チャート提供:マネーパートナーズ) キャリートレードが影響していると考えられるオーストラリア円のチャート

 上はオーストラリアドル/円のチャートですが、黄色の○に注目をしてください。キャリートレードにより積み上げられたオーストラリアドルの買いポジションは一気に売られてしまい、「投売り」と呼ばれる状態が出ています。

 そして、一気に売られたオーストラリアドルは、今度は一転して強い買いが行われて買い込まれています。

 このように、キャリートレードの取引対象となり多くの資金が流れている通貨は、逃げ足が早いため世界経済が不安定になると短い期間で素早く下げて、反対に世界経済が安定の兆しを見せ始めると、なかなか下がって来ないと言う特徴を見せます。

キャリートレード【Carry Trade】のまとめ

 これまでの「キャリートレード【Carry Trade】」のまとめです。

  • キャリートレードは、低金利通貨を借りて他の金融資産を購入し運用する取引
  • 「豊富な流動性と低金利状態が今後も続く」事がキャリートレードには重要
  • FXのキャリートレードでは、低金利通貨を借り高金利通貨を購入して利ザヤを狙う場合が多い
  • キャリートレードの特徴として不安材料での逃げ足が早い
  • キャリートレードが行われている通貨については投売りや反転に注意が必要

関連記事