FX初心者向きの通貨と言うのはどの通貨ペア?

 「人それぞれに性格があるように、実は通貨にもそれぞれ固有の性格があります」。

 「え?そんな通貨に性格なんてないでしょ!?」と思われるような書き出しになってしまいましたが、これは本当の事なんですね。正確に言うと「性格というよりは一種の傾向」と言った方が正しい表現になるかも知れません。ここでは、通貨の性格や傾向からFX初心者にあった通貨を紹介していきたいと思います。

FX初心者向きの通貨と言うのはどの通貨ペア? 画像

 さて、まず日本人にとって一番身近な通貨は何になるでしょうか?

 世界にはアメリカドル・ユーロ・ポンド・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・カナダドル・南アフリカランドドル・中国元・韓国ウォンと言った様々な通貨があります。

 中でも「アメリカドル(米ドル)」は、毎日のニュースでも「現在の東京外国為替の円相場は1ドル○○円になっています」と言う表現を耳にすると思いますが、非常に日本人にとって身近な通貨になっています。

 このアメリカドルと円の通貨ペアは、一般的に「ドル円」と言う呼ばれ方をしますが、この通貨ペアが日本人にとって一番身近な通貨であると共に、FX初心者にとっては最も取引しやすい通貨になります。

ドル円がFX初心者にとって取引しやすい理由

 ドルと円の通貨を取引する事は、日本人とだから自然に詳しいと言う理由もありますが、FX初心者にとって一番の要因は、「値動きが小さいから」と言う理由が上げられます。

 何を隠そうアメリカドルと円は世界を代表する通貨となっており、世界の取引総量はユーロとドルに続き第2位の通貨ペアだと言われています。そのため、一部の投資家による思惑だけでは資金が足りずに大きな値動きを見せる事ができないのです。

FX初心者が1万円から始める訳 リセット画像2

 次に値動きが小さい通貨ペアの特徴についてです。

  • 値動きが小さいために利益と損益が出にくい
  • 一時的な急激に偏った動きが出にくい
  • じっくりと戦略を練る事ができる

 まず、「値動きが小さいために利益と損益が出にくい」についてですが、値動きが小さいため、どうしても短い取引では大きな利益を上げる事が難しくなります。しかし、反対に思った方向と逆方向へと相場が動いた場合でも大きな損失を出さないで済みます。

 次に、「一時的な急激に偏った動きが出にくい」については、先に書いたように総取引量の多い通貨ペアとなるために、一部の偏った考えを持った投資家の影響を余り受けずに済みます。そのため瞬間的に大量の資金を投じて値動きをさせる、「ストップ狩り」と呼ばれる個人投資家を狙い撃ちにするような動きが起きにくいと言う特徴があります。

 最後に「じっくりと戦略を練る事ができる」についてですが、値動きが他の通貨と比べると穏やかなために、現在のような10分の1秒以下での判断を必要とするFX取引の中、初心者トレーダーにとって非常に大切な思考時間を比較的に長く得る事ができます。

 また、日本はアメリカと経済上においても密接な関わりを持っているため、日常流れているニュースもアメリカについて沢山取り上げてくれているため、知らず知らずの内にアメリカについての知識を得ています。

 そう言う意味でもアメリカドルと日本円の通貨ペアでの取引は、FX初心者にとって良い選択だと考えられています。

 

ドル円は初心者がレバレッジの機能性を学ぶのに最適

 「FXの最大の魅了はレバレッジをかけた取引にある」とも言われていますが、ドル円の通貨ペアで取引を開始する事はレバレッジをかけた取引を学ぶのに当たり素晴らしい教材となります。(レバレッジについて詳しくはこちらを参考にしてください

 レバレッジをかける事は、まるで「諸刃の剣」で、大きな利益を得るための破壊力を持つと同時に、大きな損失を出す可能性も上昇させます。しかしながら、FXで大きな利益を出すことを考えるとレバレッジは必要不可欠の存在となります。

 ドル円は上でも紹介しましたが、他の通貨と比較しても穏やかな動きをする通貨ペアです。そのため少々のレバレッジをかけたとしても強制的に損失を確定させられてしまう「強制ロスカット」には、掛かり難いとも言えます。

そこで、その特徴を利用して「どれほどのレバレッジを掛けると、どれだけのリスクがあるのか?」を学んでおきたいところです。

 ドル円で学んだレバレッジとリスクに対する感覚は、他の通貨ペアを取引する際にも使えるので非常に重宝します。リスクを小さくしながらレバレッジの効果と特徴を学べるので、初心者の方は是非その事を意識した取引を心掛けたいところです。

ドル円の値動きの特徴について詳しく知る

 最後にドル円の値動きの特徴について、もう少し詳しく紹介しておきたいと思います。

 チャートを使いテクニカル分析を行った場合と言う話になるので話が少し深くなってしまいますが、ドル円の傾向としてテクニカル分析により得られた相場予想を大きく裏切ると言う特徴があります。(チャートについて詳しくはこちらを参考にしてください

 テクニカル分析から時間をかけて導き出した値動きに予想にも関わらず、「実際の値動きでは見事にそれを裏切りやすい」と言う特徴は、どうも歯がゆい思いをする事となります。もちろん相場は水物ですから一概には言えない事で、将来的には変わるかも知れないのですが、どちらかと言うと日本の企業による売買の動きに注意を払う事で取引が上手く行くケースが目立つ通貨ペアとも言えます。(テクニカルまたはテクニカル分析についてはこちらを参考にしてください

 ご承知の通り、日本には世界を代表する大企業が沢山有ります。その大企業が一斉に同じ方向へと売買をするとテクニカル分析が効かなくなるような一方通行の動きを見せる事も散見されるので注意が必要になります。初心者の方にとっては、これもまたニュースから相場を学べる非常に良い機会となると思います。

FX初心者向きの通貨と言うのはどの通貨ペア?のまとめ

 「FX初心者向きの通貨と言うのはどの通貨ペア?」で解説した記事のまとめです。

  • FX初心者にはドル円の通貨ペアを選ぶと取引から学べる事が多い
  • ドル円は値動きが小さいので初心者向きだと言える
  • 値動きの小さな通貨ペアはレバレッジについて学べる良い機会となる
  • ドル円を取引する時の注意として「テクニカル分析を無視するような動きが散見されること」が上げられる
  • 初心者にとっては、ドル円を取引することでニュースから相場を学ぶ事にも繋がる

関連記事