逆指値の上手な使い方【初心者用】

 FX初心者と入門者のために逆指値注文の上手な使い方、一番の基本的な使い方を紹介しています。特に「指値注文」や「逆指値注文」とFXを始めたばかりの内は、どっちがどっちか混乱しがちな注文なので覚え方なども紹介しています。

交通標識に逆指値(ストップ)に対する警告

逆指値(ストップ)の考え方

 まず始めに、逆指値注文とはどういうものか復習していきたいと思います。

 指値注文が、「現在の為替レートより下での買い注文」または「現在の為替レートより上での売り注文」であるのに対して、逆指値注文とは、「現在の為替レートより下での売り注文」または「現在の為替レートより上での買い注文」です。

どっちが指値でどっちが逆指値か悩んでいる様子

 最初は理解が苦しむのが逆指値注文なのですが、簡単な覚え方があります。それは、指値注文は「値段(為替レート)を指差して、今より良い値段で売買をしたい時」に使う注文方法で、逆指値注文は「指値注文の逆だから、今より悪い値段で売買したい時」に使う注文方法と覚えてしまいます。

 「今より不利な為替レートで売買する」と言うのも変な話なのですが、この逆指値注文は「今より不利な位置での売買」だからこそ効果を発揮するものなのです。

 では、次に「逆指値」の効果的な使い方について見ていきましょう。

逆指値の基本は順張りで使う

 相場での取引の考え方として「順張り」と「逆張り」と言うものがありますが、簡単に説明すると順張りは相場のトレンド(ブーム)に乗った取引を行う方法で、逆張りは反対にトレンドに逆らった取引となります。

 チャートを見た方が分かりやすいので下のチャートを先に見てみましょう。

(チャート提供:外為ジャパン) 順張りで逆指値が使われているチャート

 上のチャートを見ると、上へと相場が上昇している事が分かります。このような上昇の仕方を上昇トレンドと言うのですが、順張りは、上方向に相場が更に上昇する事を見越して取引をする事になります。

 このような順張りでの取引に逆指値注文は効果的な注文方法となるのですが、例えば、上のチャートには赤いラインが入れてありますが、この赤いラインをレンジの上限と考えて、「上抜けしたらトレンド発生を考えて買いたいな」と言う時に逆指値注文を入れる事になります。

 もう少し分かりやすく言うと、例えば、為替レートが100円 → 90円 → 80円と下落が一向に止まらない場合に、「このままだと50円や40円まで落ちていくかも知れないけど、もし90円まで戻ってくれば100円まで戻るだろう」と考えた時に使います。

 つまり、逆指値注文は下降していく相場に対しては売りで、反対に上昇していく相場に対しては買いで注文を行うため、流れに逆らった無理な取引ができないことになります。

 特に日本人の投資家の大部分が「逆張りで負けている」と考えられています。逆指値注文での順張りは、初心者トレーダーならば是非実践してみたい注文方法となります。

これ以上リスクを拡大させない逆指値

 次に、逆指値注文は、リスクを拡大させないストップとしても使う事ができます。まずは、下のチャートを見てください。

リスクを拡大させないストップとしての逆指値を使用しているチャート

 上のチャートを見るとドンドン為替レートが下がっている事が分かります。この下がっている相場に対して、もし買い取引を行ってしまっていたらどうしますか?

 「寝ている間にもドンドンと相場が下がって行って、朝起きたら数千万円の損失が有った」なんて話も個人投資家の間では実際に起こっている話です。

 そんな心配をしないで、リスクを管理してゆっくりと眠る事ができるのが逆指値注文の最高の使い道で、例えば上のチャートのように「赤いラインより下に相場が下がったなら既存の買いポジションを決済したい」と言う時に使われます。

 特に、この逆指値注文は短期トレーダーには是非とも使って頂きたい注文方法なのですが、その理由として短期トレーダーの多くは高いレバレッジでの取引を行っている方が非常に沢山いらっしゃいます。

 高いレバレッジという事は、資産に対するリスクも比例して大きくなっています。自分の大切な資産を守る意味でも逆指値注文を入れておく事を推奨させて頂きたいと思います。

逆指値の上手な使い方【初心者用】のまとめ

 これまでの「逆指値の上手な使い方【初心者用】」のまとめです。

  • 指値注文は「現在の為替レートより下での買い注文、上での売り注文」
  • 逆指値注文は「現在の為替レートより下での売り注文、上での買い注文」
  • 逆指値注文は、順張りでの取引に効果を発揮する
  • 逆指値注文(ストップ)は、リスクの拡大を抑えるために使う

関連記事