FXココモ式シミュレーション

 マーチンゲール法と並び世界的にも有名な増額投資法の1つである「ココモ式」を使ったFXの投資のシミュレーションツールを使い、実際の利益の伸びやリスク幅についてテストし考察をしてみました。

ココモ式投資法で増額されている

 「FXココモ式シミュレーション」の構成は以下の内容となっていますが、シミュレータは「ココモ式シミュレータ」で使用する事ができます。

FXココモ式シミュレータ

 ココモ式シミュレータについての詳しい使い方や設定方法については「マーチンゲールシミュレータの使い方・結果の見方」を参考にしてください。

FXココモ式シミュレータ

設定回数:
初期取引: Lot(1000通貨単位)
損益比率:リミットpips:ストップpips
取引勝率:
設定証拠金: 円(1000通貨)

直近5回の結果:

施行回数:

勝ち回数:
負け回数:

勝ち取引割合:
負け取引割合:

勝ち最大連続回数:
負け最大連続回数:

現在の連敗   :
取引Lot数     : Lot
取引証拠金   : 円
累積Lot数     : Lot
セット損益     : 円

セット合計     : 回
最大取引Lot  : Lot
最大累積Lot  : Lot
必要証拠金   : 円
最大負債金額: 円
合計損益      : 円

 トレードの勝敗について白と黒で表現していますが、投資的中は白(○)、投資失敗は黒(●)に設定してあります。また、スプレッドについては考慮されていません。

FXココモ式シミュレータの使い方・結果の見方

 ココモ式シミュレーションの初期設定やテスト結果の見方、シミュレーションシステムの概要について紹介します。

FXココモ式シミュレータシミュレータの設定値

設定回数 ⇒ テスト回数を設定します
初期取引 ⇒ 最初の取引Lot数を1000通貨単位にて設定します(Lot[1000通貨単位])
損益比率 ⇒ 取引手法のリミット・ストップ値を設定します(pips)
取引勝率 ⇒ 手法の勝率を設定します(%)
設定証拠金 ⇒ 取引通貨ペアの1000通貨単位の証拠金を設定します(円[1000通貨])

FXココモ式シミュレータシミュレータのテスト結果

直近5回の結果 ⇒ テストの直近5回での勝敗を示します。それぞれ白は勝ち、黒は負け取引を示しており、左から順に最新の取引テスト結果となっています

施行回数 ⇒ 現在のテストが何回目の取引を想定して行っているのかを表示しており、設定回数を上限として停止します

勝ち回数 ⇒ 勝ち取引の回数
負け回数 ⇒ 負け取引の回数

勝ち取引割合 ⇒ 勝ち取引が全体に占める割合
負け取引割合 ⇒ 負け取引が全体に占める割合

勝ち最大連続回数 ⇒ 最大の取引連勝数
負け最大連続回数 ⇒ 最大の取引連敗数

現在の連敗 ⇒ 現在テスト中の連敗数
取引Lot数 ⇒ 現在テスト中の取引Lot
取引証拠金 ⇒ 現在の取引の必要証拠金
累積Lot数 ⇒ 現在の取引に至るまでの1セットでの累積Lot
セット損益 ⇒ 1セット中の損益

セット合計 ⇒ 現在のセット数の合計
最大取引Lot ⇒ 最大の取引となったLot数
最大累積Lot ⇒ 最終勝ち取引分を含めた最大Lot数
必要証拠金 ⇒ 取引に必要な最低証拠金額
最大負債金額 ⇒ 最大のマイナス額
合計損益 ⇒ 取引全体の損益

FXココモ式シミュレータシミュレータの概要

 FXココモ式シミュレータシミュレータは、入力した勝率に基づきながらもコンピュータ上で生成したランダムな勝敗によってテストした結果を示しています。そのため、1回目のテスト結果と2回目のテスト結果が異なった結果になる事が想定されます。

 その対策として、テストを行う際に「設定回数」を多めに設定する事によって、実力以上の良い成績や実力以下の悪い成績を平均化させる事を推奨します。

 モンテカルロ法やココモ式投資法はどちらも増額投資法と言うリスク管理が大切な投資法の1つとなっています。そのため、リスク幅についてテストしたい場合には特にテスト回数の設定を多めにする事で安定した結果が得られやすくなります。

 ココモ式での投資法はココモ式を使うFX投資方法で詳しく紹介しているので参考にしてください。

 また、テストの中断はブラウザの更新で可能となっていますが途中再開はできません。設定値の入力については半角英数字にて行う必要があります。

ココモ式トレードの考察

 ココモ式投資法は、マーチンゲール法と比べ比較的資金の増額幅が抑えられると言う利点を持っていますが、リミット幅とストップ幅が1:1の場合には成立するさせる事が難しい投資法となります(勝率の条件が加わっているため)。

 そこで、今回のシミュレーションテストは、テスト回数10万回、リミットとストップの条件を3:1、勝率を45%としてして、勝率条件の悪い手法でのテスト結果を導き出す事にしました。設定の詳細は以下の通りです。

ココモ法シミュレータ設定値

 1000通貨に対する証拠金には3200円を設定して、ドル円での10万回のトレードを想定してみました。

 10万回ものトレードのテストは多少時間が掛かりましたが、テストの結果は以下のようなデータが得られました。

ココモ法シミュレーション結果

 テストの結果トレードは1000通貨でのスタートにも関わらず、2000万円を超える利益を出す事ができました。しかし、最大で必要となった証拠金の額についても2000万円超えと言う恐ろしい結果も同時に出てしまいました。

 最大取引Lotは2584Lotと言う事で、260万通貨でのトレードが必要になった事を意味していますが、これは最大連敗数によって変わってくるのですが、今回の結果では17連敗となっています。

 この連敗数はテストを行う際に設定した勝率によって変わる可能性が高いものですが、今回設定した勝率45%ではここまでの連敗がある可能性を示唆しています。

 この数値を見る限り、やはり増額投資を行う際には使用する手法の勝率に対して慎重になる必要があるように考えられます。

 また、ココモ式投資法のシミュレーションツールである「FXココモ式シミュレータ」は「FXマーチンゲールシミュレータ」と併用して使用する事により、2つの投資法のリスクについての違いをより明確に知る事ができます。

 2つのシミュレータを並べてテストしたい場合には、FXマーチンゲールシミュレータ別ページとして表示をクリックして結果を比較してください。

FXココモ式シミュレーションのまとめ

 これまでの「FXココモ式シミュレーション」のまとめです。

  • ココモ式はマーチンゲール法よりもリスクが抑えられる
  • ココモ式はリミットとストップが1:1で勝率に依存する
  • 増額投資法は勝率に気を付ける
  • FXマーチンゲールシミュレータと比較する事でリスクの違いが分かる

関連記事