初めてのFX会社選びに失敗しないコツ

 これからFXを始めようと思っている方にとって、初めのFX会社選びは何を参考材料に選べば良いのか分からない、又は非常に難しい事です。

 そこで、そんなFX初心者の方が、自分に合ったFX会社を失敗せずに選ぶコツについて紹介しています。

初めてのFX会社選びに悩んでいる様子

 「初めてのFX会社選びに失敗しないコツ」について3つの構成と1つのまとめで以下の内容から解説しています。

まずは初期投資額を考える事から

 まず始めに、FXを始めるに当たり「幾らから始めるつもりなのか?」を考えていかなければいけません。それは、FX取引に必要な初期投資額はFX会社によって様々な金額が設定されているからです。

 では、実際に幾らからFXを始める事ができるのでしょうか?

 実は、現在では初期投資資金が最小で1万円以下の金額からでも可能となっています。

初期投資額のイメージの円マーク

 初期投資額がFX会社によってバラバラに設定されているとして、それでは、実際には幾らからFXを始める事が理想的なのでしょうか?

 「それは悪魔で個人の自由となるお金による」と言うのが実際のところですが、FXは他の金融取引同様に元本割れが発生する可能性のある取引になります。

 そこで、最初はFXを体験する程度にして、できるだけ小額から始められる事をお勧めしたいと思います。初回入金の最低額についてはFX会社の一覧で確認をしてください。

 また、小額からFXを始める理由について詳しくは「FX初心者が1万円から始める訳」を参考にして頂ければと思います。

投資スタイルによって考える

 次に、自分の投資スタイルからFX会社を考えていきたいと思います。

 投資のスタイルと言っても多種多様なのですが、期間と言う点に注目して考えるとFXには大きく分けて2つの投資スタイルがあります。

 1つ目はスキャルピングと呼ばれる短期トレードのスタイルで、2つ目は外貨預金などでも知られている通貨ペアの金利差(スワップ)を狙った長期トレードです。

 「この短期と長期の2つのトレードスタイルは何が違うのですか?」と言う質問を、良くFX初心者の方からお受けするのですが、この2つのトレードスタイルの大きな違いは「1日の取引の回数」です。

 短期トレードを行われる方の多くは、1日で何度も何度も取引を重ねていき利益を出すスタイルで、後者の長期トレードの場合には1ヶ月~数年に数回と言ったペースで取引を重ねていきます。

 短期トレードの場合には、取引回数が多くなるため取引手数料のような役割を果たすスプレッドが会社選びの重要なポイントになり、一方で長期トレードの場合には取引回数が少ないためスプレッドよりもスワップの良し悪しを選考基準とする事が望ましくなります。

 短期トレードを考えておられる方は「スプレッドで選ぶFX会社の徹底比較」も一緒に参考にしてください。

 長期トレードを考えておられる方は「スワップ(スワップポイント)で選ぶFX会社の徹底比較」や「外貨預金を予定している人のためのFXの始め方」「スワップはFXを始める前に知っておきたいFXの利益」「FX初心者のためのスワップで金利生活」「FX初心者のリスク軽減を考えたスワップ運用」などを参考にしてください。

 また、「ご自身の投資スタイルがまだ見つかっていない」と言う方は「FXを始める前に自分に合った取引スタイルを見つける」や「資金管理でFX初心者の運用を飛躍させる方法」の記事なども参考にしてみてください。

スワップはFX会社のバロメータ

 ここまでで、どのようなFX会社を選ぶかある程度の絞りができてきたと思いますが、もう1つあまり知られていない事に注目する事でFX会社の健康状態をしるバロメータ的な役割を果たすものがあります。

 それは各FX会社によってそれぞれ違う値で提供されているスワップポイントです。

スワップに注意を与えている警察官

 先ほど、「長期トレードをされる方はスワップに注目してFX会社を選ぶべきだ」と言う話を紹介しましたが、実は、短期トレードをされる方にとってもスワップを見る事で、そのFX会社の健康状態を知る事ができてしまいます。

 その方法は、取引を予定をしている通貨ペアのスワップを各社で比較する事です。例えば「米ドル円」の取引を予定されている方であれば「スワップ(スワップポイント)で選ぶFX会社の徹底比較」で「米ドル円」に注目して各FX会社のスワップポイントを比較して見てください。

 すると、会社によって様々な数値が並んでいる事にお気づきになられると思いますが、そこで、良いスワップレートを提供している会社と言うのは、その通貨ペアの取引を得意としている会社と言うことです。

 なぜ良いスワップレートを提供している会社が、その通貨ペアを得意にしているのかと言うと、次のような関係があるからです。

 ・FX会社が顧客に取引して欲しい通貨ペア ⇒ 得意としている ⇒ 顧客が欲しい ⇒ 良いスワップレートの提供で顧客増加

 ・FX会社が顧客に取引して欲しくない通貨ペア ⇒ 不得意としている ⇒ 顧客に取引して欲しくない ⇒ 悪いスワップレートの提供で顧客の取引を抑える

 もちろん、全体的にスワップ重視としているFX会社や短期トレードをメイン顧客として扱っている会社もあるため一概には言えませんが、、このスワップポイントで会社のバロメータを知る事ができるのは確かな事のように思います。

 短期トレードを希望されている方もスワップを確認してから、「スプレッドで選ぶFX会社の徹底比較」を見ながらFX会社選びをする事で、FX会社選びの失敗を大きく軽減させて、自分に合った会社に出会えると思います。

初めてのFX会社選びに失敗しないコツのまとめ

 これまでの「初めてのFX会社選びに失敗しないコツ」のまとめです。

  • 初めてのFXは初期投資額を考える事から始まる
  • FXは小額(1万円)からでも始められる
  • 投資スタイルによって会社を考える
  • スワップは会社のバロメータを知る手掛かり

関連記事