FXを始める前に自分に合った取引スタイルを見つける

 FXについての簡単な概要を理解したところで、いよいよFXの始め方について説明していきたいと思います。

 特に今回は「自分に合った取引スタイルを見つける」と言う、1人1人の生活スタイルからFXの取引スタイルを探す事になり、FXを始めると直ぐに役立つ内容となります。

FX初心者が自分に有った取引スタイルを探している

 ここでは3つの構成とまとめの合計4つ構成で紹介していきます。

 内容は以下の通りです。

FXの取引スタイルを決める事の重要性

 みんながみんなFXで生計を立てているようなFX専業トレーダーと言う訳では無いので、FXのために使う事のできる時間は、人それぞれ違う事と思います。もちろん職業によっても違いますでしょうし、家庭環境によって違ってくると思います。

 そのため、FXを始める前に、自分に合った取引スタイルを確立しておく事で、生活に負担の少ない資産運用をする事ができます。

取引スタイルと時間の重要性を表した時計

 まず、FXの取引スタイルは大きく分けて3種類、長期投資、中期投資、短期投資があり、自分がどの投資期間を選択するかにより大きくFXのトレード掛かる時間が変わってくる事になります。

 また、性格的な面においても向き不向きとなる場合もあるため、ジックリと自分の生活や生活を見極めながら選んでいく事をお勧めします。では、選択するFXの取引期間による違いを詳しく見ていきましょう。

FXの取引期間・周期別の特徴

 FXの取引スタイルは「大きく分けると3つある」と紹介しましたが、部門別にて特徴を紹介していきたいと思います。

寝ている間にFX相場が大きく動いている様子

 個々の特徴をこれから紹介しますが、是非自分の生活を考えながらどのFX投資スタイルが自分に適しているのかを考えながら読んで頂きたいと思います。

長期投資の特徴

 長期投資と言うのは、前回の「スワップはFXを始める前に知っておきたいFXの利益」で紹介した「スワップポイント」を狙う事もできる資産運用の方法になります。

 主に「最初に取引を行ってから数ヶ月~数年と言う期間を経て決済取引をする」と言う取引スタイルとなりますが、取引期間が非常に長いために大きな値動きを予想した、全体的な経済や相場の流れを見る目が必要になります。

 普段、忙しくて細かい相場の値動きについて見ている暇が無い方や、外貨預金の要領でこの取引を行われる方に最適な取引スタイルとなります。

 注意点として、長期間の取引となるので、レバレッジはできるだけ低く設定をする必要があります。そのため、大き目の資産を最初から必要とする場合が多く、一攫千金と言うよりも堅実で着実な資産運用となります。

 向いている性格としては、長期運用となるので「資産運用の期間ジックリと待てる方」と言うのが大前提となります。例えば、マイナス10万円、20万円と含み損が膨らんでいっても、それを気にせず待つ事が必要になるためです。

中期投資の特徴

 この中期の投資と言うのは、「3日以上で取引を行ったならば中期だ」と考えられている方から、「2~3週間からが中期だ」と考えられている人など、人によって感覚が様々なのですが、ここでは中期を「1週間~数ヶ月」と言う枠で縛りたいと思います。

 この中期投資をされる方の多くは、「長期間を安定運用できる運用資金は無いけど、資産運用を比較的安定的にしたい」と考えている方に好まれる取引スタイルになります。

 FX相場は、長い期間で捉えると「3ヶ月に1回のペースで相場が変わる」と考えられています。そのため、その中期の値動きを狙った取引をする事になります。

 長期運用ほど値動きの幅が大きくならないために、運用資産を長期運用をする場合より減らしても比較的に安定した運用を目指せる事は確かですが、数ヶ月と言う期間での運用は全体的な相場の流れから1日の値動きなどにも気を配る必要があるため、各国のニュースや経済についても注目しておく必要があります。

 少しプロ向けの運用となりますが、慣れればサラリーマンの方や主婦の方でも十分に相場に対応した取引を行う事ができるようになります。ただし、長期運用同様にレバレッジや資産配分には十分に気を配っておく必要があります。

短期投資の特徴

 短期での資産運用は数秒~1日と言う枠の取引となります。上手く資産運用を行う事で小額からでも十分安定した運用を期待でき、更には投資額に対しての大きな利益を得る可能性も秘めている取引スタイルになります。

 一方では、短期トレードには圧倒的な経験と集中力が必要とされるために、主に初心者は苦戦を強いられる可能性が非常に高い資産運用方法でもあります。

 サラリーマンや主婦の中には、自分の暇な時間を見つけては、1日に数時間程度に集中して取引を重ねておられる方も沢山いらっしゃいますが、他スタイルの取引とは違い消費する労力も桁違いとなります。

 FXは平日24時間いつでも売買が可能となる事からできる取引スタイルとなりますが、この短期売買ができる方と言うのは「集中できる方」と言うのが絶対条件となります。

スタイルを決めて狙いを定める

 さて、ここまでで、「どのような資産運用のスタイルにしようかな?」とイメージを少しでも持っていただけたら、「この記事を書いて良かったな」と思える瞬間です。

 どのスタイルにするのか定まって無い方も沢山いらっしゃると思いますが、まずは自分の生活を見つめなおして見て下さい。基本的には毎日にFXに使える時間が有れば有るほど短期トレードを行っても資産運用を安定させる事ができます。

 逆に言うと、忙しい方になればなるほど長期投資と言う事です。

 短期投資での狙いは、小さな値動きからの利益で、長期になればなるほど大きな値動きからの利益となります。

 一般的には「長期での資産運用の方が安定している」と言われますが、その原因としては「短期運用では経験の差が出やすい」と言う事が上げられます。

 最初の取引を行うまでには、自分がどのスタイルで取引を行うのかについて「ある程度でも良いので決めておく」事が重要となります。

FXを始める前に自分に合った取引スタイルを見つけるのまとめ

 これまでの「FXを始める前に自分に合った取引スタイルを見つける」のまとめです。

  • FXには長・中・短期と大きく分けて3つの取引スタイルがある
  • 長期投資で安定した資産運用をするには、比較的にまとまった資金が必要となる
  • 短期投資では経験や知識の差が出やすくなる
  • 中期投資は長期と短期のメリット・デメリットを共に受け継いだ形となる
  • 短期投資は他のスタイルと比較して非常に集中力を必要とする

関連記事