スプレッドで選ぶFX会社の徹底比較

スプレッドを比較している2WAY為替レート

 スプレッドはそのままFX会社の利益となる部分で、投資家は取引を行う度にスワップ分として取引会社に対し支払う事になります。

 また、スプレッド幅は企業努力の影響を受ける部分が大きく、会社によって様々な値が指定されているので、会社選びの大きな比較材料となります。

FX業者比較-スプレッド

FX業者名▼米
/円
▼欧
/円
▼英
/円
▼豪
/円
▼加
/円
▼南ア
/円
▼欧
/米
▼豪
/米
業者別詳細
外為オンライン1.02.03.03.05.015.01.02.0外為オンライン詳細へ
FXブロードネット0.30.84.73.64.816.40.51.9FXブロードネット詳細へ
FXプライム byGMO0.61.31.81.31.73.01.03.0FXプライム詳細へ
外為ジャパン0.30.61.10.71.71.40.51.1外為ジャパン詳細へ
FXトレード・
フィナンシャル
1.01.44.02.57.05.01.42.0FXトレード・フィナンシャルFX詳細へ
マネー
パートナーズ
0.51.11.91.23.81.90.81.4マネーパートナーズ詳細へ
GMOクリック証券0.30.51.00.71.71.40.41.1GMOクリック証券詳細へ
GMOクリック証券
(クリック365)
3.03.53.53.04.05.03.03.0GMOクリック証券(クリック365)詳細へ
インヴァスト証券
FX24
1.12.02.92.43.12.21.73.1インヴァスト証券FX24詳細へ
インヴァスト証券
シストレ24
3.33.76.14.15.55.33.35.1インヴァスト証券シストレ24詳細へ
DMM.com証券0.30.61.10.71.71.40.51.1DMM.com証券詳細へ
トレイダーズ証券0.30.61.00.75.030.00.53.0トレイダーズ証券詳細へ
FXCM
ジャパン証券
0.62.84.35.24.06.80.94.1FXCMジャパン証券詳細へ
ライブスター証券0.91.93.43.23.114.91.42.6ライブスター証券詳細へ
JFXマトリックス
トレーダー
0.30.61.30.81.71.30.51.0JFXマトリックストレーダー詳細へ
フォレックス
ドットコム
1.31.62.31.92.23.11.61.5フォレックスドットコム詳細へ
フォレックス
ドットコムMT4
1.91.65.31.92.26.01.51.6フォレックスドットコムMT4詳細へ
SBI FXトレード0.290.991.590.882.190.990.581.79SBI FXトレード詳細へ
アイネット証券0.71.02.01.81.215.00.61.2アイネット証券詳細へ
アヴァトレード・
ジャパン
1.22.24.82.83.84.01.94.0アヴァトレード・ジャパン詳細へ
YJFX!0.30.71.20.81.81.40.61.4YJFX!詳細へ
ヒロセ通商0.30.61.30.81.71.30.51.0ヒロセ通商詳細へ
セントラル短資FX1.02.04.03.04.01.90.81.8セントラル短資FX詳細へ

 このFX会社のスプレッド比較のデータが表示されている場合、各FX会社のデータが古い可能性があります。最新のスプレッド比較データをご覧になるには、お使いのブラウザの更新もしくは、javascriptの設定をオンへと切り替えてください。

FX業者比較のスプレッド別の更新日付

※ 「0」は公開データが無い又は取引不可通貨
※ 単位:クロス円「銭」ドルストレート「pips」
※ SBIFXトレード株式会社は「10,001通貨以上(ロスカット時)」
※ 原則固定スプレッド会社「外為オンライン、FXプライム byGMO、外為ジャパン、FXトレード・フィナンシャル、マネーパートナーズ、DMM.com証券、トレイダーズ証券、FXCMジャパン証券、JFXマトリックストレーダー、アイネット証券、ヒロセ通商」

DMM.com証券

DMM.com証券企業情報へ
手数料 初回入金額 スプレッド
0 指定無し 0.3
取引通貨ペア キャンペーン
20

※ 単位(銭) 原則固定スプレッド採用業者

ヒロセ通商

ヒロセ通商企業情報へ
手数料 初回入金額 スプレッド
0 10.000円 0.3
取引通貨ペア キャンペーン
50

※ 単位(銭) 原則固定スプレッド採用業者

YJFX!

YJFX!企業情報へ
手数料 初回入金額 スプレッド
0 指定無し 0.3
取引通貨ペア キャンペーン
22

※ 単位(銭) 原則固定スプレッド採用業者

スプレッドが狭いと特になるFX取引

 スプレッドは通貨を売買する際の売り値と買い値の値段の差の事で、このスプレッド大小は各FX会社が独自の判断で付けており、投資家の各取引から会社側が得る手数料のようなものとなります。

 スプレッドが狭いと言う事は取引を行う際にFX会社側へと支払う手数料が小さくなる事を意味するので、短期的に何度も売買をされるような方にとっては、スプレッドの開きが将来的には大きな違いとなってきます。

 FX会社によっては得意とする通貨と苦手とする通貨があるため、取引を予定されている通貨ペアによってもFX会社を使い分ける事も取引手数料の節約にとても有効になります。

関連記事