MT4と携帯電話対応アプリで選ぶFX会社の徹底比較

MT4や携帯電話対応アプリのイメージ

 システムトレードやプロ仕様のチャート分析ができるMT4を提供している、または携帯電話別に対応した取引アプリを提供しているか比較しています。

 外出先で頻繁に取引をされる方にとって、FX会社からの携帯専用アプリの提供は大きな選択要素となります。

FX業者比較-MT4と各社の携帯電話用アプリ

FX業者名
MT4
対応

NTT
ドコモ
▼au
ソフト
バンク

アイ
フォン

アンド
ロイド

タブ
レット
業者別詳細
外為オンライン-外為オンライン詳細へ
FXブロードネット-FXブロードネット詳細へ
FXプライム byGMO-FXプライム詳細へ
外為ジャパン-外為ジャパン詳細へ
FXトレード・
フィナンシャル
----FXトレード・フィナンシャル詳細へ
マネー
パートナーズ
-マネーパートナーズ詳細へ
GMOクリック証券-GMOクリック証券詳細へ
GMOクリック証券
(クリック365)
-GMOクリック証券(クリック365)詳細へ
インヴァスト証券
FX24
-インヴァスト証券FX24詳細へ
インヴァスト証券
シストレ24
----インヴァスト証券シストレ24詳細へ
DMM.com証券-DMM.com証券詳細へ
トレイダーズ証券-トレイダーズ証券詳細へ
FXCM
ジャパン証券
-FXCMジャパン証券詳細へ
ライブスター証券-ライブスター証券詳細へ
JFXマトリックス
トレーダー
-JFXマトリックストレーダー詳細へ
フォレックス
ドットコム
-フォレックスドットコム詳細へ
フォレックス
ドットコムMT4
フォレックスドットコムMT4詳細へ
SBI FXトレード---SBI FXトレード詳細へ
アイネット証券-アイネット証券詳細へ
アヴァトレード・
ジャパン
----アヴァトレード・ジャパン詳細へ
YJFX!----YJFX!詳細へ
ヒロセ通商-ヒロセ通商詳細へ
セントラル短資FX-セントラル短資FX詳細へ

 このページはMT4の使用の有無と各社の携帯電話に対応したアプリがあるかどうかについて、FX会社別に比較したデータを掲載しています。しかし、このメッセージが表示されている場合、各FX会社のデータが古くなってしまっている可能性があります。最新のMT4と各社の携帯電話用アプリについて比較を行ったデータをご覧になるには、お使いのブラウザの更新もしくは、javascriptの設定をオンへと切り替えてください。

MT4と各社の携帯電話用アプリ比較のデータ更新日付

フォレックスドットコムMT4

フォレックスドットコムMT4企業情報へ
手数料 初回入金額 スプレッド
0 100.000円 1.7
取引通貨ペア キャンペーン
44

※ 単位(銭)

FXTF

FXTF企業情報へ
手数料 初回入金額 スプレッド
0 指定無し 1.0
取引通貨ペア キャンペーン
38

※ 単位(銭) 原則固定スプレッド採用業者

DMM.com証券

DMM.com証券企業情報へ
手数料 初回入金額 スプレッド
0 指定無し 0.3
取引通貨ペア キャンペーン
20

※ 単位(銭) 原則固定スプレッド採用業者

プロが使うチャートMT4とサラリーマンのための携帯電話FXアプリ

 言わずと知れた世界のプロトレーダーが使うFXチャートのナンバー1は、MT4(Meta Trader 4)になります。

 MT4がプロのトレーダーに愛され使われている一番の理由として、様々な取引スタイルでの相場分析ができると言う点が上げられます。その理由として、インジケーターと呼ばれる相場分析ツールが既にインストールされているものに加えて、新たに自作したインジケーター等をチャートへと追加する事が可能なためです。

 また、MT4は自動売買システムにも優れた作りとなっており、EAと呼ばれる自動売買のシステムを導入する事で、システムが自動的に取引を行ってくれます。

 しかし、MT4は本格派のプロ使用チャートとなっているため、初心者にとっては使い勝手が良いものとは決して言えず、パソコンが苦手な方は使う事を敬遠している方もいらっしゃいます。

 次に携帯対応用のアプリケーションの比較についてですが、お使いの携帯電話専用のアプリケーションをFX会社が提供しているかどうかについて比較して紹介しています。

 もちろん、対応していない場合にも携帯電話での取引を可能なWEB取引を容易しているFX会社がほとんどとなりますが、専用のアプリケーションシステムによる取引ができるかどうかについての比較になっています。

 特に、忙しいサラリーマンにとっては、外出先でチャートによる相場を確認や取引を行ったりと、携帯用FXアプリの使用頻度はパソコンによる取引を超える方もいらっしゃいます。

 そのため、特にサラリーマンの方は、使用中の携帯電話会社や機種に対応したアプリケーションを提供しているFX会社で口座開設を行う方が比較的多い傾向にあります。

関連記事